ベトナム越境ECカート導入事例(ランチカート様)

この記事は約2分で読めます。

アジア向け越境ECカート

アジア向け越境ECカートを展開するランチカート様にインタビューいただきました。

「ベトナムに日本の良い商品を届けたい!」が起業のきっかけ

ーなぜベトナムでフルフィルメント業務を始められたのですか?

ベトナムではオフラインオンライン問わず、正規輸入、一般貿易で持ち込まれた商品が豊富にありません。海外の商品もオンラインで購入することはできますが、実はベトナムに在庫があるわけではなくて、中国や日本のモールからダウンロードした商品画像を貼り付けて、形だけ出品しているというケースが多いのが現状です。実際に注文が入ると、中国や日本にいるベトナム人の友達に買ってもらい、送ってもらって、やっとベトナムの消費者に届けます。この過程の中で、商品が届かないということも発生します。こういった現状がある中で、誰かが現地の輸入販売元となり、日本の商品を販売できたら、ベトナムにも日本製品が溢れて、日系企業様もベトナムに進出しやすくなると思い、ビジネスを立ち上げました。

最初は、FacebookとLPを使ったオンライン販売から始めましたが、徐々にオフライン展開も同時並行で行う必要があるということが分かり、今では現地のオフラインの代理店探しだとか、商品を卸す業務も行っています。

🔽 続きはこちらから

株式会社エスエイウェアハウス様 | LaunchCart | 越境EC専用カート
株式会社エスエイウェアハウス様|アジア向け越境ECカート実績No1。中国、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア他160通貨対応。
タイトルとURLをコピーしました