一度「本気」を諦めたら、簡単に戻れない

この記事は約2分で読めます。

ああ、やる気が出ない。明日でいいや。

こんな事思う日もあります。でも、これ実はかなり危ないです。折角産まれてきた素晴らしい人生を半分も楽しめずに終わってしまう可能性があるからです。

誰からともなく聞く言葉の1つに「あなたの生きている今日は、若くして亡くなった同級生や同僚がどうしても行きたかった1日だ」というものがありますが、まさにそのとおりだと思います。

しかしながら人間はそこまで強く自分を律する事が出来ないので、疲れていたり、悩んでいたりすると、なんとなく本気を出さずに1日を終えてしまいます。それが続くと、本気をどう出したらよいかもわからなくなってしまいます。

皆さんにも思い当たる事があると思いますが、仕事を本気で頑張る人と、なんとなくやっている人、2タイプいますよね。

仕事に限らず、例えば運動会でも本気でやる人と、身体が痛いといって軽くながす人も居ます。

どんな時でも、どんな事でも本気でやる人が勝ちます。そして本気でやる人は本気が当たり前になるので、連戦連勝をしていきます。私の周りにも連戦連勝の人がいっぱいおり、皆何でも本気で取り組んでいます。

問題は本気でやるどころか、手を抜いてしまう人。既に給料も高くて、ある程度のポジションまでいければ、効率よく手も抜けます。

しかし、こうなってしまうと本気さを取り戻すことは容易ではありません。仕事中にちょっとやる事が無くなって、ゲームやyoutubeを見てしまうなんて事もあるかもしれませんが、この状態から脱出するのは意外と難しいです。

ある日youtube視聴をやめて、急にバリバリやりだすなんて事はありません。

だから、私はそういう人が居たら、そんなに無駄に時間を過ごさないで欲しい、と伝えます。これは会社の業績がどうのという話ではなく、その人のためにも、その周りの人のためにも伝えます。

それでも簡単に本気さは取り戻せません。人によっては子供のうちに本気さを失ってしまう事もあります。正直どうしたら本気さを取り戻せるかもわかりません。

せめて、明日で人生が終わると思った時、今日やれる事を本気でやれたか、を毎日30秒考えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました