取引先インタビュー – CASE STUDIES 001

morishigesan

インタビュー:
さくらフォレスト株式会社 森繁様

icon-morishigesan
morishigesan02

Q. ベトナム進出をお考えになったきっかけは何で すか?

広告代理店の方と台湾でお会いした時に「ちょっとベトナム行ってみない?」なんていう流れになりまして、ホーチミン市を訪れたのがきっかけです。なので実は最初は「ベトナムに進出するぞー!」という強い気持ちではなかったんです(笑) 僕自身が海外事業を担当するのがベトナムが初めてということもあって不安も大きかったのですが、ベトナムの経済発展と市場の広がりを肌で感じて、SAWさんとの出会いで状況が整った事もあり、事業を始める決断をしました。

morishigesan03

Q. スタートするまでに苦労された点は?

スタートを決めた時にはすでに環境が整っていたということもあり、苦労…という感じはなかったですね。決断してから実際に販売開始するまでもかなりスピーディーでした。SAWさんに細かい事も全てお任せできたので安心して始められましたね。だからSAWさんの方がご苦労が多かったのではないかと思います。こう言うのも何なのですが…スタートしてから今まで本当に楽しかった、という感想です。発売当初は僕たちもベトナムに滞在し、梱包作業を手伝うなどかなり緊密にやらせていただきました。言葉通り、同じ釜の飯を食った仲なので、今も安心してフルフィルメントを任せていられますね。

morishigesan04

Q. ベトナムマーケットの感触はいかがでしょう?

出足が好調で驚きました。実は僕自身「ベトナムの女性に日本の価格帯の化粧品が売れるのか?」と半信半疑な部分がありました。もちろん波はありますし、実際に展開してみると思わぬ問題に遭遇する事もありましたが、その度にSAWさんと連携して一緒に乗り越えることが出来ました。日本にあってベトナムに無いサービスもまだまだあると思いますので今後の展開を考えるのが楽しみです。

morishigesan05

Q. 今後SAWに期待することは何でしょう?

単純に売り上げを伸ばす事はもちろんですが、リピーターを獲得していくため、CRMの強化に努めていきたいです。日本で通販事業を展開してきたノウハウを生かして、受注の受け答えから梱包に至るまで、日本に負けない質の高い通販をベトナムのお客様にも提供していきたいです。それにはSAWさんの協力が必要不可欠ですので、今まで以上に連携を強めていきたいです!